おまとめローンを借りた後の返済額はどれくらい減額されるの?

複数の金融機関からお金を借りている多重債務者向けのサービスに、おまとめローンというサービスがあります。おまとめローンとは、金融機関の債務を一つにまとめて債務者の負担を軽減できるサービスです。おまとめローンを利用できる金融機関に利用申請して、申請が通れば他の金融機関の債務を代わりに返済してくれます。その後、おまとめローンを利用した金融機関の返済を行うことになります。このサービスの良い所は、債務を合計することで金利が低くなることです。例えば、2年返済で50万円の借り入れを3つの金融機関で行うと、100万円未満の借り入れは金利が18%程度なので、利息は1つの金融機関で約10万円、3つ合わせて約30万円になります。この例を元におまとめローンで1つにまとめると、150万円で金利は12%前後になります。利息は2年返済で約20万円になります。おまとめローンを借りた後の返済額は10万円も減額され、返済期間も長くなるので余裕が生まれます。性質上、金融機関から借りている債務の合計が多ければ多い程、おまとめローンを利用した後の返済額も多く減額されます。金利は100万円以上の借り入れで最大15%が規則で決まっています。金利18%で返済を続けるよりも、早い内にまとめて15%の金利にした方がお得です。おまとめローンを利用した時の金利が低ければ低い程、利息の負担も少ないので返済が楽になります。多重債務を抱えている時は、サービスの利用を考えてみると良いです。